医院開業大全集!
医院開業の体験記
Menu

「これとっても可愛いですね」と、お客様におっしゃっていただくことができ、私はこれを購入してよかったなと思いました。お客様から可愛いというお褒めの言葉をいただけたのは、ミニサイズののぼりを見られてのことで、わずか1000円札程度の大きさでしかありません。私は今、スーパーの中にあるたこ焼き屋さんでアルバイトをしているのですが、このお店の前には、普通のサイズののぼりを立てててはいけないことに決められています。それはもちろん、スーパーの中に店舗を持っているからです。このたこ焼き屋さんは、スーパーのレジの並びにある、小さな空きスペースで造られたお店のため、飲食スペースは取っておらず、テイクアウト専門のお店です。

そのため、お店の前のスペースが狭いだけではなく、厨房もとても狭いため、のぼりを立てるなんてもってのほかでした。元々私は、このたこ焼き屋さんのお客として利用していたのですが、アルバイトを始めることになったのは、このたこ焼き屋さんを切り盛りされていたお婆ちゃんと仲良くなることができたからです。お婆ちゃんはもう、1人で切り盛りできるほどの体力はなく、そのほとんどの仕事を私に任せてくださるようになりました。それにあたって私は、こののぼりのないたこ焼き屋さんに、何かしらの形でのぼりを置くことはできないかと考えました。それは、何となくですが、たこ焼き屋さんにはのぼりがあるというイメージを持っていたからです。

そうして何かいいものはないかと、インターネットで探してみたところ、なんとこのミニサイズののぼりを見つけることができたのでした。ミニサイズののぼりは、1000円札程度の大きさから用意されていて、これならば、狭いスペースしかないたこ焼き屋さんであっても、のぼりを置くことができると思いました。さっそく私は、「熱々たこ焼き」と書かれているミニサイズののぼりを購入し、それをレジの横に置くことにしたのです。すると、たこ焼きを購入されてお金をいただくとき、お客様にこののぼりについて触れていただくこともでき、そこで会話が生まれるという、とても良い効果をもたらせてくれました。こうして私のアルバイト先のたこ焼き屋さんでは、のぼりを置くことができています。ミニサイズののぼりは、単なるお店の宣伝だけではなく、お客様との会話という、とても大切なものを作ってくれます。私はこのミニサイズののぼりをおすすめしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)